読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想日常会話160828

 

//先程から空をみているようですが

ええ、丁度おおぐまの後ろ足のあたりです

//なにがみえるのですか

小さな二重星があるほかは、これといって何も

//確かにあそこは暗いです

銀緯が高く、天の川の星も塵も少ないです

//澄んだ宇宙はどうも寂しく思えます

でも、花火が上がりますから

//それは知りませんでした。じきに始まりますか

もう始まってますよ

//私には何も見えません

何十億年の花火には、人の目は小さく疾いだけです

 

 

広告を非表示にする